デロイトトーマツ トーマツグループ

関西リスクアドバイザリー
【大阪】コンサルタント:投資リスクマネジメント領域(ベンチャー投資、公共投資、企業買収等の投資リスクに関する助言業務)
職務内容 【業務内容】
・戦略・財務・ガバナンス知見を駆使した投資リスクに対する総合的なアドバイザリー業務
・以下の業務に限られないが、具体例は以下のとおり

1.企業買収やジョイントベンチャー組成における投資リスクに関するアドバイザリー業務
・海外企業とのジョイントベンチャー組成時における投資リスクの識別・評価・対策整理
・買収後の企業統合支援(PMII)
・グループの投資ガバナンス態勢の構築支援

2.ベンチャー企業への投資に関するアドバイザリー
・大企業とベンチャー企業の協業シナジー仮説の構築
・ベンチャー企業の事業計画デューデリジェンス・KPIツリー整理・株式価値評価

3.公共投資(コンセッションなど)に関するアドバイザリー
・対象事業は、上下水道事業コンセッション、カジノ(統合型リゾート)設立、洋上風力発電など
・事業性の財務シミュレーション、投資リスクの分析
・事業シナジー実現に向けたビジネスモデル具体化支援

【クライアント特性】
・関西圏に本社機能がある年商10億〜数兆円規模の組織体が主たるターゲット
・業種業界は限定していないが、関西圏の特徴から、繊維・化学・製薬・製造業が多い
・クライアントのステージは、創業間もないベンチャー企業や創立100周年を超える老舗企業、グローバルニッチやコングロマリット企業等、様々である
・組織形態は会社が多いが、自治体や大学、財団法人がクライアントになることもある
・カウンターは社長やCFOの経営層やその直属組織である経営企画・管理本部の長がメインとなる

【標準的なプロジェクト概要】
・プロジェクト期間は1ヶ月の案件もあれば1年の案件もあり様々だが、平均すると3ヶ月が目安
・但し、「総合的なアドバイザリー業務」の特徴から、1つのプロジェクトが終了した後に派生するプロジェクトに繋がることも多く、トータルでは1年以上のサービス提供となることもある
(例.(1)投資リスクの識別・分析→(2)財務・事業デューデリジェンス/株式価値算定→(3)PMI支援→(4)ガバナンス高度化支援)
・要員数は、案件にもよるが、標準的には3〜5名程度。但し、必要に応じてデロイトグループの各専門家と協業する場合もあり、その場合は10〜20名程度の体制となる
 
応募資格 【望まれる経験】
以下のいずれかの実務経験を3年程度有していることが望ましいですが、
ポテンシャルも重視しますので必須ではありません。
1.戦略コンサルタント業務の実務経験
2.ファイナンシャルアドバイザリー業務の実務経験
3.PEファンドでの実務経験
4.ベンチャー企業でのCFO業務の実務経験
5.事業会社での戦略立案・実行の実務経験(単なる取り纏め役ではなく、実働者としての経験)

【求める資格】
上記業務経験および能力に該当すれば資格は問いませんが、以下資格保有者の方は尚可。
・MBA

【語学】
・日本語…ビジネスレベル(日本語能力検定1級相当)以上が必須要件
・英語…ビジネスレベルの方歓迎

【求める人材像】
・クライアントやメンバー、また自分の仕事に対して強い責任感を持っている
・投資リスクマネジメント領域を中心に様々な分野に興味・関心を持ち、積極的に取り組む意欲がある
・論理的に物事を粘り強く考えたうえで、物事を前に進める企画/提言を行える
・様々な専門性を持つメンバーと協働し、総合的な付加価値を創出できる柔軟性がある 
待遇  【勤務時間】9:30-17:30
【休日・休暇】土日祝日、年末年始、有給、慶弔、育児、介護休暇など
【賞与】年3回
【昇格】(能力査定の上)有
【社会保険】雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金
【各種制度】退職金制度、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、定期健康診断、自己啓発援助、企業年金基金
※専門業務型裁量労働制・固定時間外手当の適用あり(職種・職位による)
定年退職制度有(60歳)、継続雇用制度有(65歳まで)
【その他】上記の内容は職種・職位によって異なる場合あり。正式な待遇は、雇用契約書にて通知とする。 
勤務地  大阪事務所 


←職種一覧へ  ↑このページの先頭へ